{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

腎性貧血の薬剤使いわけ〜診断と治療目標をふまえて

¥880 税込

※こちらはダウンロード商品です

rahm.pdf

736KB

●執筆 長澤 将 (東北大学病院腎・高血圧・内分泌科講師) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:15頁 図:3点 表:2点 発行日:2022年6月8日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5116号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷「いつ腎臓専門医に紹介すべき?」「鉄欠乏性貧血を診るのにTSATだけでよい?」「どのESA? どのHIF-PH阻害薬?」——腎性貧血の診断、治療、薬剤選択の疑問に答えます。 ▷腎性貧血の診断基準、腎臓専門医に紹介する数値、そして、治療の目標値。いくつかのマイルストーンとなる数値・基準について、CKD診療に慣れていない先生にもわかりやすい目安を示しました。 ▷鉄剤、ESA、HIF-PH阻害薬の利用について、具体的な処方例を示しながら、ポイントとピットフォールを解説。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/rahm/rahm_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/rahm/ 【目次】 Introduction 1.腎性貧血の定義と歴史 2.腎性貧血の診断 3.腎性貧血の治療 4.ESA,HIF-PH阻害薬の使いわけ 5.ピットフォール --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。