{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ベンゾジアゼピン(BZD)受容体作動薬の安全な使い方・減らし方

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

bzhs.pdf

764KB

●執筆 高江洲義和(琉球大学大学院医学研究科精神病態医学講座准教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:15頁、表5点、図5点 発行日:2022年3月4日 ●内容紹介 ▷ベンゾジアゼピン(BZD)受容体作動薬は抗不安薬や睡眠薬としてよく使われていますが、急激に減薬・断薬すると離脱症状が現れるため減量が難しく、常用量で収まっていても減量すると症状が悪くなる「常用量依存」が問題となっています。 ▷本コンテンツでは、知っておくべきBZD受容体作動薬の安全な使い方や減薬方法を、症例を挙げて具体的に解説していただきました。 ▷抗不安薬や睡眠薬を作用時間ごとに分類し、症状に応じた使いわけを提案。分服の効果は? 頓服したいときは? 併用療法の効果は? など、現場の疑問にも答えています。減らし方では、漸減法による減量方法をイラストで解説した上で、患者の動機づけにつながる具体的な説明方法についてもふれています。 ▷不安や不眠への薬剤投与の際に、ぜひご一読ください。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/bzhs/bzhs_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/bzhs/ 【目次】 1.ベンゾジアゼピン(BZD)受容体作動薬の薬理機序 2.BZD受容体作動薬の副作用  1)過鎮静  2)ふらつきと転倒  3)認知機能障害 3.BZD受容体作動薬依存について  1)BZD受容体作動薬依存とは  2)BZD受容体作動薬依存発現のリスク要因  3)離脱症状 4.BZD受容体作動薬の安全な使い方  1)抗不安薬の使い方  2)睡眠薬の使い方 5.BZD受容体作動薬の安全な減らし方  1)BZD受容体作動薬減量の前提  2)漸減法による減量 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。