〈臨床現場で役立つ〉ドレッシング材の上手な使い分け
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

〈臨床現場で役立つ〉ドレッシング材の上手な使い分け

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

gdht.pdf

703KB

●執筆 前川武雄(自治医科大学皮膚科学教室准教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:20頁 発行日:2021年9月3日 ●内容紹介 現在、創傷被覆材は保険償還可能なものだけでも約50種類に及び、さらに毎年のように新規の製材が登場しています。適切なドレッシング材を選ぶためには創傷の状態を適切に評価し、どの効果を最も必要とするかを考え、その上でそれぞれの製材の持つ特性を考慮して選択することが重要です。本コンテンツでは創傷被覆材を中心に、各種ドレッシング材の吸収量や吸収速度、粘着性、透明性、クッション性などの性能の違いについて解説。適切なドレッシング材選択に役立つ1本です。 巻末に創傷被覆・保護剤等一覧も掲載しています。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/gdht/gdht_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/gdht/ 【目次】 1.ドレッシング材の種類 2.ドレッシング材の選択  フィルムドレッシング  創傷被覆材  保険償還されないドレッシング材 3.おわりに 巻末表 創傷被覆・保護材等一覧 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。