{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

新薬登場でどう変わる?片頭痛薬の使い分けと特徴

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

cgrp.pdf

732KB

●執筆 清水利彦(慶應義塾大学神経内科非常勤講師) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:22頁 発行日:2022年5月25日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5113号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷2021年以降、新薬が続々登場し、パラダイムシフトが起きたと言われる片頭痛治療。本コンテンツでは、新薬を含めた各薬剤の特徴と使い分けについて、『頭痛の診療ガイドライン2021』の作成にかかわった著者が分かりやすく解説しています。 ▷薬物療法の柱の1つである「予防療法」について、カルシウム拮抗薬、β遮断薬、抗てんかん薬、抗うつ薬のほか、2021年より承認され期待を集めるCGRP関連抗体薬のエレヌマブ・ガルカネズマブ・フレマネズマブの特徴と使いわけについて解説。片頭痛におけるCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)の関与について図説した上で、CGRP関連抗体薬の患者選択基準や投与方法、他剤との併用についても説明しました。 ▷もう1つの柱である「急性期治療」については、アセトアミノフェン、非ステロイド性抗炎症薬、エルゴタミン製剤、制吐薬、トリプタン、そして新薬ラスミジタンの特徴と使いわけを解説。トリプタンについては、日本で処方可能な5剤の特徴もそれぞれ紹介しています。 ▷本コンテンツを読めば、片頭痛治療の新しい展開への理解が進み、薬物療法の選択肢がぐっと増えます! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/cgrp/cgrp_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/cgrp/ 【目次】
 はじめに 1.片頭痛の特徴および診断 2.片頭痛の病態 3.CGRPと片頭痛 4.片頭痛の疾病負担とunmet medical needs 5.片頭痛の治療 6.片頭痛治療におけるCGRP関連抗体薬の使い方のまとめ おわりに --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム