{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

身近なペットによる感染症〜リスクから予防まで

¥1,650 税込

※こちらはダウンロード商品です

pirp.pdf

2.37MB

●執筆 今岡浩一(国立感染症研究所獣医科学部第一室 室長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:27頁、図16、表3 発行日:2022年11月4日 ●内容紹介 ▷身近なペットであるイヌ・ネコの室内飼育が増え、鳥類、は虫類や両生類など、ペットの種類が多様化する一方で、飼育に伴う咬搔傷事故や感染のほか、動物アレルギーといったリスクも増えています。 ▷日本では、特に細菌感染症が多く、実は、イヌ・ネコは重要な感染源動物であることから、十分な注意が必要です。 ▷本企画では、愛玩動物由来感染症の感染症法上の分類、感染源動物の分類、病原体、感染経路、主な症状などを一覧表でわかりやすくまとめています。また、各論としてブルセラ症やサルモネラ症など、感染症ごとに病原体、感染経路、症状、診断・治療を写真とともに詳しく解説。イヌ・ネコ咬搔傷に対する予防投薬も紹介しています。 ▷さらに、高齢者、乳幼児、免疫抑制状態などの高リスク患者のペット飼育における注意点にも言及。ぜひご一読ください。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/pirp/pirp_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/pirp/ 【目次】 1.愛玩動物の飼育とそのリスク 2.愛玩動物由来感染症の種類と発生状況 3.愛玩動物由来感染症に関する各論 4.予防を考える --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム