{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

閉院マニュアル〜閉院判断から手続きまで

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

cccm.pdf

1.52MB

●執筆 笠浪 真(税理士法人テラス代表税理士) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:29頁、図5点、表14点 発行日:2022年9月22日 ●内容紹介 ▷「“相続・承継”に関する書籍は増えてきたが、“閉院・解散”についての情報が手に入りづらい……」そんな悩みにお応えし、今回は医院経営のプロに、閉院判断のコツから実際の手続きまでをまとめて頂きました。 ▷閉院や承継の判断基準やベストタイミング、閉院・解散に必要な手続きやコストなどを詳細に解説しました。またスタッフや患者さんの引き継ぎ、建物や医療機器、医薬品の処分方法など、必要な情報を取りこぼしなく網羅しました。 ▷さらに,個人の医院・クリニックと医療法人のそれぞれについて、閉院・解散の事例を取り深掘りしています。本コンテンツを参考に、閉院か承継かを判断し、スムーズな閉院・解散or相続・継承を。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/cccm/cccm_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/cccm/ 【目次】 chap1 閉院や承継の判断基準とベストタイミング  1.1 開業医が閉院・承継を考える理由  1.2 閉院・解散のメリット  1.3 閉院・解散のデメリット  1.4 閉院・承継の判断基準  1.5 閉院や承継を判断するベストなタイミングは? chap2 閉院・解散完全マニュアル〜ヒト・モノ・カネ・情報別に詳細解説〜  2.1 【ヒト】残されたスタッフと患者さんはどうするか?  2.2 【モノ】建物や医療機器,医薬品などの処分方法  2.3 【カネ】閉院・解散に伴うお金の話〜コスト・負債・税務処理〜  2.4 【情報】個人開業の医院・クリニックの閉院と医療法人解散手続き chap3 【ケーススタディ】閉院・解散を選択した医院・クリニック事例  3.1 個人の医院・クリニックの閉院事例  3.2 医療法人の解散事例 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム