{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【Dr. 駒澤の臨床メモ】鎮静・鎮痛の危機管理

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

rmsa.pdf

1.36MB

●執筆 駒澤伸泰(大阪医科薬科大学医学部医学教育センター副センター長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:18頁、図11点、表5点 発行日:2022年2月25日 ●内容紹介 処置の侵襲度や患者の状態で個々の患者の反応は変化するため、鎮静深度の事前予測は難しく、常に患者状態を評価しながら、早期異常認識と対応が必要になります。 このコンテンツでは鎮静前の準備から鎮静中のモニタリング、急変時の対応、退室・退院基準まで、安全に鎮静を行うための知識を米国麻酔科学会「非麻酔科医のための鎮静・鎮痛薬投与に関する診療ガイドライン」に沿ってまとめました。三大致命的合併症の呼吸抑制・循環抑制・嘔吐の中でも、呼吸抑制については気道評価方法や事前の準備に加え、舌根沈下や呼吸努力抑制時の気道開通、陽圧換気の手技について詳しく解説しています。 各項目で、現場で特に注意すべき「ピットフォール」もまとめているので、現場での実践に役立ちます。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/rmsa/rmsa_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/rmsa/ 【目次】 1.鎮静医療安全の現況 2.鎮静と鎮痛の基本的考え方 3.鎮静前準備 4.鎮静時のモニタリング 5.鎮静薬と鎮痛薬の差の認識 6.鎮静時急変対応 7.退室・退院基準の重要性 8.鎮静医療安全向上のために --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。