{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

進行がんによる呼吸困難を軽減する在宅緩和ケア

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

dbpc.pdf

1.28MB

●執筆 渡邊紘章(在宅緩和ケア あすなろ医院院長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:18頁 発行日:2022年8月23日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5127号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷がん患者に高頻度に発生し、QOLを低下させる呼吸困難。本コンテンツでは、呼吸困難に対して在宅医療で安全かつ簡便に行う緩和ケアを解説しています! 評価方法、薬物療法、非薬物療法、持続的鎮静について、治療選択のフローチャートを示すなど、具体的に分かりやすくお伝えします。 ▷薬物療法については、キードラッグであるオピオイドに関して、モルヒネのほか、オキシコドン、フェンタニル、ヒドロモルフォンの使用方法(用量、剤形)を詳述。例えば用量については、「経口モルヒネ徐放薬剤20mg/日、レスキュー量5mg(疼痛をほとんど認めない患者等は1回2mg程度)、増量の目安は100mg/日」など、エビデンスを示しながら臨床における様々な場面に応じて、具体的に明示しています。このほか、抗不安薬・ベンゾジアゼピン薬やステロイドの適応と使用方法も説明しました。 ▷非薬物療法については、酸素療法、送風療法、看護ケア(環境調整、体位調整等)について紹介。特に、酸素療法については決して無害な治療ではないことを指摘したうえで、労作時の低酸素血症に注意するよう呼びかけます。 ▷これを読めば呼吸困難に対して、安全性と簡便性が高い在宅緩和ケアを実践できます! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/dbpc/dbpc_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/dbpc/ 【目次】 Introduction 1.進行がんによる呼吸困難の疫学と原因 2.呼吸困難をどう評価するか 3.呼吸困難に対する症状緩和治療:薬物療法 4.呼吸困難に対する症状緩和治療:非薬物療法 5.耐えがたい苦痛に対する持続的鎮静 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム