{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Dr.松木の内科で診る泌尿器科疾患【前立腺肥大症】

¥1,650 税込

※こちらはダウンロード商品です

dmph.pdf

876KB

●執筆 松木孝和(松木泌尿器科医院院長/香川大学医学部臨床教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:25頁 発行日:2022年6月10日 ●内容紹介 ▷プライマリ・ケア等でも診る機会の多い前立腺肥大症。本コンテンツでは、内科で前立腺肥大症を診るために必要な知識を網羅しています。 ▷診断に至る各種検査の道筋から、各治療薬の特徴や実際の処方内容まで詳細に解説。また尿路刺激症状を訴える疾患と尿排出障害を訴える疾患にわけて,前立腺肥大症と間違えやすい疾患の鑑別方法も紹介されています。 ▷また「直腸診は必要か?」「血清PSA値測定の間隔は?」といった、実際の診療での気になるポイントまでバッチリ押さえられています。 ▷様々なエビデンスに著者の経験を踏まえた、Dr.松木流の診療のエッセンスが詰まった1本です。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/dmph/dmph_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/dmph/ 【目次】 
1.なぜ,内科で“前立腺肥大症”を診るのか? 2.どのように考えて,“前立腺肥大症”を診るのか? 3.どのようにして,“前立腺肥大症”を診るのか? 4.“前立腺肥大症”と“診”間違うのはどんな疾患か? 5.治療方針を決定する 6.どんなときに“前立腺肥大症”を,診られないのか? 7.合併症状はどのように“診て”いくのか? 8.そのとき“前立腺肥大症”を診るだけでよいのか? --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム