{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

病態に応じた睡眠薬の使いわけ

¥1,650 税込

※こちらはダウンロード商品です

hsds2.pdf

906KB

●執筆 谷口充孝(大阪回生病院睡眠医療センター副院長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:27頁 発行日:2022年6月3日 1,650円(税込) ●内容紹介 ▷日本で使われている睡眠薬には「GABA受容体作動薬(ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系)」のほかに、2010年以降に承認された「メラトニン受容体作動薬」「オレキシン受容体拮抗薬」があります。 ▷本コンテンツでは、これら3種類の睡眠薬の作用機序や薬物動態などを説明した「基礎編」と、実際的な使い方を紹介した「臨床編」で構成。 ▷臨床編では、専門領域に応じて3つの睡眠薬の使い分けに慣れることを推奨し、その例として「レンボレキサント・ラメルテオン・エスゾピクロン」「スボレキサント・ゾルピデム・ブロチゾラム」の組み合わせを紹介。さらに、①重度(難治性)の不眠、②アルコール依存、③呼吸器疾患、④せん妄、⑤認知症、⑥レストレスレッグス症候群―の各病態について、具体的な処方例を複数提案し、その根拠を解説していきます。 ▷本コンテンツを読めば、使い慣れた睡眠薬の処方から一歩踏み出し、病態に応じた睡眠薬を処方することができます! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/hsds/hsds_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/hsds/ 【目次】
睡眠薬をうまく使いわけるために Ⅰ.基礎(薬理編)  ・睡眠薬の開発の歴史  ・睡眠薬の作用機序(作用する受容体)  ・薬物動態 Ⅱ.臨床編  ・2つの不眠―急性不眠と慢性不眠  ・できるだけ処方を避けるべき睡眠薬  ・睡眠薬の効果(プラセボによる効果+睡眠薬本来の効果)  ・3つの睡眠薬を使いわける  ・病態に応じた睡眠薬の使いわけ  ・睡眠薬の減薬および休薬 日本から海外へと臨床的な活用法の提示を --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。