〈現代社会の新しい依存症〉ニコチン依存Q&A
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

〈現代社会の新しい依存症〉ニコチン依存Q&A

¥1,650 税込

※こちらはダウンロード商品です

ndqa.pdf

980KB

●執筆 中村正和(公益社団法人地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センターセンター長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:27頁 発行日:2022年5月13日 ※この商品は2018年発行の書籍『現代社会の新しい依存症がわかる本─物質依存から行動嗜癖まで』の「part4 ニコチン依存」の章を加筆・修正してwebコンテンツ化したものです。 ●内容紹介 ▷ニコチンは、他の依存性薬物と同様、脳の報酬回路に作用して快楽物質であるドパミンを分泌させます。ニコチン依存とはニコチンを繰り返し摂取するうちに、ニコチンの脳への作用により使用をコントロールすることができなくなり、ニコチンを連続的・強迫的に使用する状態をいいます。 ▷わが国の禁煙ガイドラインでは、喫煙者は「積極的禁煙治療を必要とする患者」と述べられています。また禁煙治療は医療費の節減効果が治療コストを上回り、有効かつ経済効率性が高いといえます。 ▷本コンテンツではニコチン依存の概要から、禁煙外来での診療について、治療中に気をつけなければならないことなど、知っておきたいポイントをQ&A方式でわかりやすく解説。 ▷Webコンテンツ化にあたり、新型たばこ(加熱式たばこ・電子たばこ)や禁煙治療アプリ、またオンライン診療や2022年の診療報酬改定についても加筆。現代の禁煙治療にあたって必読の1本です! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/ndqa/ndqa_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/ndqa/ 【目次】 Q1 ニコチン依存とはどんな病態ですか? Q2 ニコチン依存はなぜ起こるのでしょうか? Q3 ニコチン依存患者の背景にはどんな原因がありますか? Q4 ニコチン依存の何が問題なのでしょうか? Q5 禁煙外来の受診に結びつけるための対策は? Q6 診断のポイントは? Q7 禁煙外来ではどのような治療を行っているのですか? Q8 禁煙外来はどの程度の効果がありますか? Q9 治療中に気をつけなければならないことは? Q10 外来治療薬にはどんなものがありますか? Q11 加熱式たばこなどの新型たばこは禁煙に効果がありますか? Q12 禁煙外来はどうやって探せばいいでしょうか? Q13 禁煙外来で健康保険が適用されるための条件は? Q14 禁煙外来を開設するにはどうしたらいいですか? Q15 治療後のフォローアップについて教えてください。 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。