{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

〈現代社会の新しい依存症〉性依存Q&A

¥880 税込

※こちらはダウンロード商品です

sead.pdf

701KB

●執筆 原田隆之(筑波大学人間系教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:17頁 発行日:2022年4月6日 ※この商品は2018年発行の書籍『現代社会の新しい依存症がわかる本〜物質依存から行動嗜癖まで』の「part8 性依存」の章を加筆・修正してwebコンテンツ化したものです。 ●内容紹介 ▷性依存は物質依存や他の行動嗜癖と同様に、性的刺激への反復的曝露によって脳内の報酬系が過剰に反応するようになり、性的行動に対するコントロールを喪失し、家族・対人関係上の問題や社会問題などに至るようになった状態です。また性依存とされるためには特有の症状があります。 ▷性依存は犯罪との関連が強く、大きな社会不安をまねきます。効果的な再犯防止のためには治療が不可欠です。 ▷本コンテンツでは、性依存の病態から国内外の実態、診断のポイントや治療の進め方から専門施設まで、性依存に関して知っておきたいポイントがわかりやすいQ&A形式でまとまっています。 ▷Webコンテンツ化にあたり、ICD-11に新たに収載された「強迫的性行動症」についても加筆されています。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/sead/sead_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/sead/ 【目次】 Q1 性依存とはどんな病態ですか? Q2 性依存が起こる背景にはどんな原因が考えられますか? Q3 性依存の何が問題なのでしょうか? Q4 国内外ではどれくらいの患者がいるのでしょうか? Q5 患者の年齢分布は? Q6 性犯罪との関連はあるのでしょうか? Q7 受診に結びつけるための対策は? Q8 診断のポイントは? Q9 治療はどのように進めますか? Q10 治療中に気をつけなければならないことは? Q11 専門施設の探し方や紹介の方法も含めて,専門医療について教えてください。 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム