メトホルミンマニア〜多彩な作用機序を理解して実際の使用法を考える
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

メトホルミンマニア〜多彩な作用機序を理解して実際の使用法を考える

¥880 税込

※こちらはダウンロード商品です

mfmu.pdf

1.15MB

●執筆 篠田純治(トヨタ記念病院内分泌・糖尿病内科科部長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:20頁 発行日:2021年8月11日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5074号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷2型糖尿病治療薬の中心的な存在であるメトホルミン。その多彩な作用機序と効果の広がりの可能性を感じながら、実際の臨床現場での使用方法を具体的に考察。メトホルミンをよく理解して使いこなし、今日からメトホルミンマニアに! ▷肝細胞ミトコンドリア内外での作用、インクレチン作用増強、十二指腸・上部消化管での作用、腸内細菌・胆汁酸の変化……。近年報告された多彩な作用機序を図解で総まとめ。 ▷用量(1日最大1500mg?2000mg?2250mg?)、投与回数(1日1回?2回?3回?)、用法(食前?食後?)……わかっているつもりで実は少し自信がない。そんなメトホルミンの実際の使用法について、メトホルミンマニアである著者の経験を交え解説。消化器症状や腎機能障害など、絶対に押さえておきたい使用時の注意点も必読。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/mfmu/mfmu_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/mfmu/ 【目次】 1.メトホルミンマニアへの序章〜メトホルミンとは? 2.メトホルミンの作用機序 3.メトホルミンの実際の使用法 4.メトホルミンの使用時の注意点 5.まとめ --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。