コロナ禍の診療所経営〜患者数減少にどう対応するか
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

コロナ禍の診療所経営〜患者数減少にどう対応するか

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

comv.pdf

1.16MB

●執筆 小松大介(メディヴァ取締役) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:24頁 発行日:2021年7月7日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5068号の特集を再構成したものです ●内容紹介 新型コロナウイルスの感染拡大は診療所経営に多大な影響を及ぼしました。医療コンサルタントの著者は、コロナ禍において診療所が取るべき対策を考える際には「減らなかった/現在も来院し続けている患者」に着目した上で、①筋肉質な経営、②集患強化、③資金繰りの安定化の3つを重視する必要があると指摘します。本コンテンツでは、各種データを踏まえ、今後のコロナ禍の影響の見通しを示すとともに、3つの対策に基づき、withコロナ時代に行き残るための施策の考え方と具体例を解説。例えば、筋肉質な経営を実行するためには「労働生産性の向上」「経費削減」「固定費の変動化」が必要だとして、労働生産性向上の私案を提示しています。持続的な地域医療の提供のために、本コンテンツを参考にして、早期の経営安定化を目指しましょう! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/comv/comv_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/comv/ 【目次】 1.新型コロナが診療所経営に与えた影響 2.コロナ禍における診療所経営の考え方 3.コロナ禍における対応策 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。