ショック!の輸液戦略
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ショック!の輸液戦略

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

sstf.pdf

1.31MB

●執筆 川上大裕 (神戸市立医療センター中央市民病院麻酔科副医長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:21頁 発行日:2021年1月20日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5044号の特集を再構成したものです ●内容紹介 循環が障害され組織低酸素となった状態を「ショック」と呼びます。そして、組織低酸素や輸液指標は1つの異常値ではなく、様々な因子を総合的に判断する必要があります。このコンテンツでは、頻脈・頻呼吸・3つの窓(皮膚、尿、意識)などから判断するショックの初期評価とショックの分類に応じた対応方法、輸液の反応性評価に必要な静的指標、動的指標の見かたについて解説。その上で輸液必要性を総合的に判断するためのポイントを提示しています。輸液をどのタイミングでどのように投与するか、晶質液・膠質液など輸液製剤の選択方法もまとめていて、輸液戦略のレベルアップに役立ちます。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/sstf/sstf_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/sstf/ 【目次】 1.ショックとは何か? 2.ショックの分類 3.ショックの初期評価と輸液 4.フェーズでとらえる輸液戦略 5.輸液製剤の選択 6.輸液反応性と輸液必要性 7.輸液反応性の評価 8.まとめ --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。