ケーススタディ!生活習慣病薬の使い方〜糖尿病薬編
60876ff6c9827a0fd0654d78

ケーススタディ!生活習慣病薬の使い方〜糖尿病薬編

¥2,200 税込

※こちらはダウンロード商品です

dlrd.pdf

3.72MB

●執筆 堀之内秀治(鹿児島市立病院糖尿病・内分泌内科部長) 木村友彦(川崎医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科学講師) 金藤秀明(川崎医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科学教授) 永井 聡(NTT東日本札幌病院糖尿病内分泌内科部長) 吉岡成人(NTT東日本札幌病院糖尿病内分泌内科病院長) 加藤ゆか(東京女子医科大学糖尿病センター内科) 馬場園哲也(東京女子医科大学糖尿病センター内科教授・講座主任) 森 豊(東京慈恵会医科大学客員教授/東京慈恵会医科大学附属第三病院糖尿病・代謝・内分泌内科客員診療医長) 辻野元祥(東京都立多摩総合医療センター内分泌代謝内科部長) 野見山 崇(国際医療福祉大学市川病院糖尿病・内分泌代謝センター長) 弘世貴久(東邦大学医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌学分野教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:105頁 発行日:2021年4月27日 ●内容紹介 安価で低血糖を起こしにくいメトホルミン、食後高血糖を改善するα-GI・グリニド、体重減少効果のあるSGLT2阻害薬、ファーストチョイスのDPP-4阻害薬など、それぞれ個性のある糖尿病薬について、使いわけや投与のタイミング、併用方法についてまとめました。経験豊富な専門医が薬剤ごとに「うまくいったケース」「うまくいかなかったケース」を通じて、具体的な処方のタイミング、相性を考慮したおすすめ併用法、裏技的な投与法など、詳しく解説しています。また、各種糖尿病薬の中でどのような位置づけなのか、作用機序も含めて詳述されているので、実践的な投与法が身に付きます。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/dlrd/dlrd_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/dlrd/ 【目次】 1.ビグアナイド薬 2.チアゾリジン薬 3.スルホニル尿素(SU)薬 4.α-グルコシダーゼ阻害薬 5.グリニド薬 6.SGLT2阻害薬 7.DPP-4阻害薬 8.GLP-1受容体作動薬 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。