在宅緩和ケア〜疼痛コントロールの技術
5f7c09be93f619514e08bcee

在宅緩和ケア〜疼痛コントロールの技術

¥990 税込

※こちらはダウンロード商品です

pcah.pdf

863KB

●執筆 鈴木 央(鈴木内科医院院) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:19頁 発行日:2020年10月6日 ●内容紹介 終末期のがん患者の在宅療養を支援することは、在宅医療において必須のスキルのひとつになっています。本コンテンツでは、在宅での疼痛コントロールの技術について、ホスピス、ターミナルケアの概念を日本に紹介した前院長の鈴木壮一氏を引き継ぎ、在宅緩和ケアを専門とする鈴木央氏(全国在宅療養支援医協会副会長)が解説しました。これを読めば、痛みの評価と疼痛緩和のための薬剤の使い分けがワカル! 明日から在宅で実践デキル!! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/pcah/pcah_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/pcah/ 【目次】 1.痛みの評価 2.薬剤選択,使いわけのコツ 3.持続皮下注射のコツ 4.呼吸困難への対応 5.非がん疾患の疼痛緩和 6.在宅緩和ケアで最も重要なこと --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。