胸部X線読影セミナー
5d36696a66d86c04d23327ae

胸部X線読影セミナー

¥1,620 税込

※こちらはダウンロード商品です

chex.pdf

6.23MB

●監修 大松広伸(元国立がん研究センター東病院呼吸器内科副科長) 大江裕一郎(国立がん研究センター中央病院呼吸器内科長、副院長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:B5判 頁数:49頁 発行日:2019年7月23日 ●内容紹介 X線フィルムを前にして、わずかな陰影が気になったことはありませんか?胸部X線は最も身近な診断ツールですが、病変を見落とさないように読影するためには、撮影方法も押さえたトレーニングが必要です。 本コンテンツでは、ハイグレードなカンファレンスで名高い国立がん研究センター東病院呼吸器内科の監修により、クイズ形式で画像を提示。各種モダリティ画像や病理写真なども併せて示し、読影のポイントを分かりやすく解説。 肺癌のわずかな陰影が、2年後には5〜6cm大の腫瘤影になってしまうこともあります。まず疑わなければ読影できません。「見れども見えず」を克服し、見逃さない読影力を身につけて日々の診療にお役立てください。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/chex/chex_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/chex/ 【目次】 第1回:病変部はどこにありますか? 第2回:病変部はどこにありますか? 第3回:病変部はどこにありますか? 第4回:病変部はどこにありますか? 第5回:病変部はどこにありますか? 第6回:病変部はどこにありますか? 第7回:病変部はどこにありますか? 第8回:病変部はどこにありますか? 第9回:病変部はどこにありますか? 第10回:病変部はどこにありますか? 第11回:病変部はどこにありますか? 第12回:病変部はどこにありますか? --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。