{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

口腔の不定愁訴への対応〜MUOSをどう診て、どう対処するか?

¥1,870 税込

※こちらはダウンロード商品です

osmu.pdf

3.75MB

●執筆 豊福 明(東京医科歯科大学大学院歯科心身医学分野教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:47頁、図60点 発行日:2022年10月13日 ●内容紹介 ▷原因不明で“医学的に説明困難”な口腔内の慢性疼痛や違和感などの症状medically unexplained oral symptoms(MUOS)が増加し、改めて心身医学的アプローチが重要視されています。 ▷本企画では、治療可能な病態の見逃し防止策として、①心因性と決めつけない、②繰り返し診断を見直す、③侵襲的な処置・検査を無定見に施さない―を挙げ、診断手順として心理社会的因子の評価を行うpsychiatry in primary care(PIPC)のMAPSO問診方法を紹介。 ▷また、愁訴が多い①慢性の歯・口の痛み、②口腔領域における慢性疼痛、③口腔異常感症、④咬合異常感について、実際の症例をもとに、それぞれの訴えの特徴と対処法をわかりやすく説明しています。 ▷トラブルをまねきやすい患者の認識に気づいて誤解を解き、患者の訴えに巻き込まれずに無用な歯科処置や検査を回避し、早期の治療終結を目指すために、ぜひご一読をお勧めします。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/osmu/osmu_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/osmu/ 【目次】 1.やっかいな口腔領域の不定愁訴 2.歯科心身症 3.MUOS(medically unexplained oral symptoms) 4.歯科心身症の治療 5.pit fall 6.まとめ〜MUOSへの基本的対応 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム