{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

喘息・COPDにおけるトリプル吸入薬処方のコツ

¥2,530 税込

※こちらはダウンロード商品です

tpti.pdf

4.45MB

●執筆 大林浩幸(東濃中央クリニック院長 呼吸器内科・アレルギー科) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:65頁、図22点、表1点 発行日:2022年7月8日 ●内容紹介 ▷【コツとピットフォールをまとめました】処方時に考えるべきLAMAの作用や、抹消気道へのアプローチの問題などを解説。また、アドヒアランス維持の方法、吸入指導時に留意すべきこと、合併症や併存症など、トリプル吸入薬処方に関わるコツやピットフォールをまとめました。 ▷【いつ始めるか?いつステップダウンするか?】「いつからトリプル吸入薬を使うべきか?」「何をきっかけに、いつ切り換えればよいのか?」「いつ治療ステップダウンを行えばよいのか?」に、ガイドラインや著者の経験から回答。“早めにトリプル”“初めからトリプル”を勧める患者像を提案。 ▷【もっと知りたいトリプル吸入薬!】テリルジー、エナジア🄬、ビレーズトリ🄬の有用性について、それぞれの臨床検証試験等のエビデンスを紹介。それぞれの試験結果から見た、トリプル製剤への切り換え方を提案。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/tpti/tpti_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/tpti/ 【目次】 はじめに 1.プライマリ・ケア領域から気管支喘息(喘息)や慢性閉塞性肺疾患(COPD)を眺める 2.まだ十分と言えない! 気管支喘息(喘息)・慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療の現状 3.トリプル吸入薬とは 4.エビデンスから見たトリプル吸入薬の実力 5.導入前に,そしてその後も留意すべき5つの課題 6.トリプル吸入薬をいつから始めるか 7.治療ステップダウンはいつ行うのか? 8.新型コロナウイルスと気管支喘息(喘息)・慢性閉塞性肺疾患(COPD) 9.ウィズコロナ下で行う吸入指導 10.おわりに〜プライマリ・ケア医療者としての役割を果たすために --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。