膵癌早期発見に向けた病診連携〜尾道方式まるわかり
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

膵癌早期発見に向けた病診連携〜尾道方式まるわかり

¥880 税込

※こちらはダウンロード商品です

oepc.pdf

2.56MB

●執筆 花田敬士(JA尾道総合病院副院長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:19頁 発行日:2021年10月22日 ●内容紹介 膵癌は現在も予後不良であり、その5年生存率は10%以下に留まるため、大幅な予後改善には、無症状患者に潜在する微小膵癌の診断が必要不可欠です。広島県の尾道市医師会は2007年から、中核病院と開業医が一体となって取り組む膵癌早期診断プロジェクト(尾道方式)をスタートさせました。その結果、現在では5年生存率が15~20%にまで改善しています。そこで本コンテンツでは、尾道方式を牽引する著者が、その秘訣を披露! 無症状患者に精査の提案ができるよう、臨床徴候、画像所見のほか、膵癌の発生過程や危険因子、診断アルゴリズムを解説しました。さらに、中核施設と連携施設・かかりつけ医の役割分担や情報共有、行政との協力等、医療体制の実際も紹介。本コンテンツは、地域の医療状況に応じて実践的な膵癌早期診断の病診連携を構築するためのヒントが盛りだくさんです。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/oepc/oepc_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/oepc/ 【目次】 1)はじめに〜全国で尾道方式を基軸とした膵癌早期診断プロジェクトが展開 2)膵癌早期診断のために知っておきたいこと 3)膵癌早期診断をめざした病診連携 4)他地区における膵癌早期診断の取り組み 5)おわりに〜微小膵癌の病態をよく理解した上で無症状患者に精査の提案を --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。