治療効果を上げる!痙縮に対するボツリヌス療法のコツ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

治療効果を上げる!痙縮に対するボツリヌス療法のコツ

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

btst.pdf

1.58MB

●執筆 尾花正義(東京都保健医療公社荏原病院リハビリテーション科部長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:15頁、動画:2点 発行日:2021年9月24日 ●内容紹介 本コンテンツでは、痙縮に対して2010年に保険適用されたボツリヌス療法について、その治療効果を上げるコツを余すことなくお伝えします! まずは、筋電計とエコーを用いて正確かつ安全にA型ボツリヌス毒素製剤を施注するノウハウを、動画を用いて解説!さらに治療効果を上げるために、荏原病院内で結成されたボツリヌス療法チーム「J-BATTERY」における各専門職(医師、理学療法士、作業療法士、看護師、義肢装具士、薬剤師、ソーシャルワーカー)の役割や、治療計画シートなどを用いた連携方法を具体的にお示ししました!このほか、ボツリヌス療法後のリハビリを継続したり、痙縮に悩む患者を掘り起こしたりするなど、J-BATTERYの活動を地域へと広げた「地域チームボツリヌス療法」の活動も紹介します。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/btst/btst_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/btst/ 【目次】 1.はじめに 2.ボツリヌス療法の対象となる痙縮とは 3.痙縮に対する薬物療法〜その中でのボツリヌス療法の位置付け 4.当院におけるチームボツリヌス療法とは 5.チームボツリヌス療法における医師の役割 6.チームボツリヌス療法を地域へ〜「地域チームボツリヌス療法」の取り組み 7.おわりに --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。