日常診療お役立ちBOX〈産科/婦人科編〉経腹エコーで診る女性の腹痛
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

日常診療お役立ちBOX〈産科/婦人科編〉経腹エコーで診る女性の腹痛

¥1,100 税込

対象アイテムと同時購入で割引

※こちらはダウンロード商品です

ogb1.pdf

1.13MB

●監修 井上真智子(浜松医科大学地域家庭医療学講座特任教授) 柴田綾子(淀川キリスト教病院産婦人科医長) ●執筆 柴田綾子(淀川キリスト教病院産婦人科医長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:18頁、動画:5点 発行日:2021年4月9日 ●内容紹介 先生方の日常診療を豊かにする、知っておくと役立つ手技、診断ツールなどをピンポイントに解説するシリーズ「日常診療 お役立ちBOX」。今回は産科/婦人科編です! このコンテンツでは女性の腹痛の鑑別診断、特にエコーを用いた診断について解説しています。経腹エコーの準備から、手順、プローブの動きまで、動画で具体的に学べます。特に異所性妊娠、卵巣出血、卵巣囊腫茎捻転、変性子宮筋腫については、特徴的なエコー所見を紹介。女性の腹痛アプローチのレベルアップにつながります。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/ogb1/ogb1_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/ogb1/ 【目次】 1)内診せずに産婦人科疾患を診断するには 2)月経歴の問診からわかる腹痛の鑑別 3)性活動のある女性の腹痛では妊娠検査を提案する 4)CT前に経腹エコーを 5)経腹エコーは膀胱に尿がたまった状態で 6)経腹エコーでわかる女性の腹痛疾患 7)FASTで異所性妊娠や卵巣出血がわかる 8)妊娠6週以降なら経腹エコーで妊娠の確認ができる 9)卵巣出血のエコー所見 10)卵巣囊腫茎捻転のエコー所見 11)子宮筋腫に痛みがある時は変性を考える 12)高齢女性の下腹部痛や発熱と子宮留膿症 ●「日常診療 お役立ちBOX―産科/婦人科編」シリーズ紹介 ・経腹エコーで診る女性の腹痛(https://www.jmedj.co.jp/premium/ogb1/) ・子宮頸がん検診(https://www.jmedj.co.jp/premium/ogb2/) ・性感染症検査と治療(https://www.jmedj.co.jp/premium/ogb3/) ・緊急避妊ピル/低用量ピル処方(https://www.jmedj.co.jp/premium/ogb4/) ・内診の方法と内診台がない場合の対応(https://www.jmedj.co.jp/premium/ogb5/) --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。