こどもロコモ〜運動器検診でのスクリーニングと対応のポイント
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

こどもロコモ〜運動器検診でのスクリーニングと対応のポイント

¥880 税込

※こちらはダウンロード商品です

cloc.pdf

1.54MB

●執筆 新井貞男(日本臨床整形外科学会理事長/あらい整形外科院長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:14頁 発行日:2020年2月27日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」4994号の特集を再構成したものです ●内容紹介 学校(小学校から高校)の運動器検診が2016年度から必須となり、従来の脊柱側彎や胸郭のほか、上肢・下肢などの四肢や骨・関節の運動器障害についての検診項目が加わりました。 運動器検診でスクリーニングされるものは、発育障害やスポーツによる運動器障害のほかに、運動器機能不全(こどもロコモ)があります。こどもロコモは、食事や運動など生活習慣の劣化によってバランス能力が低く体が硬いなどの問題があり、放置すると大人のロコモになる可能性が高いとされています。 運動器検診の運用は、学校医によりスクリーニングされた生徒や学童を運動器検診協力医が受け入れるという流れになっていますが、「こどもロコモ」としてスクリーニングされたものの中に疾患が隠れている可能性もあり、的確なスクリーニングと診断が必要になります。 こどもロコモ―運動器検診でのスクリーニングと対応について、注意点やコツ、ポイントなどをまとめていただきました。これから運動器検診を始めようと考えている、あるいは始めたばかりの先生にオススメします。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/cloc/cloc_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/cloc/ 【目次】 Introduction 1.なぜ、運動器検診の必要性が高まっているのか 2.運動器検診実施までの準備 3.学校医による運動器検診の実施方法 4.運動器検診の結果および効果 5.運動器検診の今後の課題 6.伝えたいこと --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。