喘息診療レベルを上げる 呼気一酸化窒素濃度(FeNO)測定
5df98b5c7f164703494f576e

喘息診療レベルを上げる 呼気一酸化窒素濃度(FeNO)測定

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

feno.pdf

961KB

●執筆 粒来崇博(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院呼吸器内科講師) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:13頁 発行日:2019年12月18日 ●内容紹介 喘息管理の指標としては、気道狭窄を検出するものが主でした。そんな中、喘息管理に気道炎症という視点を持ち込むことができるのが呼気一酸化窒素濃度(FeNO)測定です。FeNOを測定することで、気道炎症の抑制が必要なのか、気管支拡張が必要なのか、薬剤選択がしやすくなります。本コンテンツでは、特に軽症例の喘息診断、ステロイド反応性の予測、治療評価などに役立つ上手な活用法を紹介。明日からの喘息診療にご活用ください。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/feno/feno_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/feno/ 【目次】 1. なぜ FeNO が必要なのか? 2. FeNO の測定 3. FeNO を診断に応用する 4. FeNO を治療評価に応用する 5. FeNO 測定値に影響を及ぼす因子 6. FeNO の上手な活用法 7. 実際の活用例 8. FeNO 測定活用のコツ --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。