{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

apaa.pdf

1.61MB

●執筆 森川 暢(市立奈良病院総合診療科) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:36頁、図4点、表4点 発行日:2022年11月22日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5138号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷誤嚥性肺炎における包括的介入の重要度が増しているなかで、「ABCDEアプローチ」という著者が提案する実践的な方法について、エッセンスを解説します。 ▷A(Acute problem:急性疾患の治療)、B(Best position/assist/meal form:適切なポジショニング、食事介助、食事形態による早期経口摂取)、C(Care of oral:口腔ケア)、D(Drug:薬剤)、D(Disorder of Neuro:神経疾患)、D(Dementia/Delirium:認知症/せん妄)、E(Energy:栄養)、E(Exercise:リハビリテーション)、E(Ethical:倫理的配慮(緩和ケア含む))について、臨床現場でどう判断し、実践していくかをまとめました。 ▷早期経口摂取のための「食事開始基準のABCDE」、食事開始の評価法「ASAP」、口腔衛生の評価ツール「OHAT」、倫理的問題に対応するための「臨床倫理の4分割表」など、誤嚥性肺炎の包括的介入に役立つツールやメソッドも豊富に紹介しています。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/apaa/apaa_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/apaa/ 【目次】 Introduction 1.誤嚥性肺炎のABCDEアプローチの概要 2.診断と急性期医療 3.誤嚥性肺炎と早期経口摂取 4.誤嚥性肺炎における口腔ケアの有効性 5.誤嚥性肺炎患者における薬剤調整,せん妄への対応,神経疾患 6.栄養,リハビリテーション,倫理的問題 7.おわりに --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム