{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

高齢者の体重減少〜リハビリテーション栄養ケアプロセスで考える

¥1,870 税込

※こちらはダウンロード商品です

rncp.pdf

1.1MB

●執筆 若林秀隆(東京女子医科大学病院リハビリテーション科教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:28頁、図6点、表9点 発行日:2022年6月22日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5118号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷アセスメント・診断推論→診断→ゴール設定→介入→モニタリング→アセスメント・診断推論―という「リハビリテーション栄養ケアプロセス」の考え方を、具体的な症例を提示して解説します。 ▷高齢者の体重減少について、そのメカニズムや発見のための医療面接、身体診察について解説します。国際生活機能分類(ICF)を用いた低栄養、サルコペニア、栄養素摂取不足の診断で活用できるコツ(OPQRST,GLIM基準,SARC-Fなど)や、注意すべきポイントをまとめました。 ▷体重減少が認められた際に、どのようにゴールの設定を行い、介入し、モニタリングしていくかを解説します。SMARTなゴール設定と,エネルギー蓄積量を加味して体重増加を目指す“攻めの栄養療法”を提案します。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/rncp/rncp_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/rncp/ 【目次】 Introduction はじめに 1.体重減少の診断と発見 2.体重減少の医療面接 3.体重減少の身体診察 4.体重減少のメカニズム 5.体重減少の診断推論 6.リハビリテーション栄養 7.低栄養の診断 8.サルコペニアの診断 9.栄養素の摂取不足の診断 10.リハビリテーション栄養ゴール設定 11.1日エネルギー必要量の計算方法 12.リハビリテーション栄養モニタリング 13.症例提示 おわりに --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。

セール中のアイテム