コロナ後遺症患者に対する シンプル上咽頭擦過療法(EAT)のコツ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

コロナ後遺症患者に対する シンプル上咽頭擦過療法(EAT)のコツ

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

tsea.pdf

1.45MB

●執筆 堀田 修(認定NPO法人日本病巣疾患研究会(JFIR)理事長/医療法人モクシン 堀田修クリニック(HOC)院長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:14頁、動画:4点 発行日:2022年1月14日 ●内容紹介 ▷多数のコロナ後遺症患者を診療した医師らにより、①コロナ後遺症患者には慢性の上咽頭炎が高頻度に存在すること、②慢性上咽頭炎の治療法である上咽頭擦過療法(EAT)がコロナ後遺症に有効であること―が確認されています。 ▷全国の約400医療機関で、慢性上咽頭炎を有する自己免疫疾患患者などに実施されているEATが今、コロナ後遺症の治療法として大きな関心を集めています。そこで本コンテンツでは、慢性上咽頭炎の研究とEAT普及に取り組む堀田修医師がEATのノウハウを余すところなく開陳! ▷耳鼻咽喉科医以外の医師でも手軽に実施できるよう、治療の流れや患者への説明内容を具体的に提示。動画では、「EATに使用する咽頭捲綿子の作り方」「シンプルEATの実際の手技」「EAT時の内視鏡映像」を解説・披露しました。 ▷コロナ後遺症患者は感染者の増加とともに今後増加することが見込まれます。コロナ後遺症の診療でお困りの先生、そして今後、後遺症患者を診る機会がある先生にぜひ読んでいただきたいコンテンツです! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/tsea/tsea_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/tsea/ 【目次】 1.コロナ後遺症にEATは考慮に値する 2.コロナ後遺症と慢性上咽頭炎 3.慢性上咽頭炎の診断とEATの効果発現機序 4.EATに必要な物品 5.シンプルEATの手技 6.EATの頻度と継続期間 7.慢性上咽頭炎が関連する症状・疾患 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。