潰瘍性大腸炎(UC)の粘膜治癒をめざした治療
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

潰瘍性大腸炎(UC)の粘膜治癒をめざした治療

¥990 税込

※こちらはダウンロード商品です

mhuc.pdf

958KB

●執筆 猿田雅之(東京慈恵会医科大学内科学講座消化器・肝臓内科主任教授) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:21頁 発行日:2021年11月17日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5087号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷潰瘍性大腸炎(UC)は完治できたないため、これまでの治療目標はQOLを回復させることでした。現在では、粘膜治癒を達成することで再燃率のみならず、入院率、手術率、発がん率を低下させることができることから、粘膜治癒が一段高い治療目標となっています。 ▷このコンテンツでは病型(病変範囲)と、6項目の臨床的重症度に応じた具体的な治療法を解説。寛解導入療法から寛解維持療法まで具体的な投与法を学べます。また、「ステロイド依存例」「ステロイド抵抗例」についても、重症度ごとに最適な対応法を紹介しています。 ▷コラム欄では、UC難治例の治療で使用される薬剤をピックアップ。UCの粘膜治癒のための必要な情報が盛り込まれています。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/mhuc/mhuc_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/mhuc/ 【目次】 1.潰瘍性大腸炎(UC)における粘膜治癒 2.粘膜治癒を達成するとどのような恩恵が得られるか? 3.UCの病型・病態の把握 4.UCの評価方法と検査別の所見とは? 5.実際の治療方針:寛解導入療法 6.難治例の治療 7.寛解維持療法 8.おわりに コラム:粘膜治癒をめざしたUC難治例の治療で使用される薬剤 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。