Dr.増井の めまい処方はどうする?
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Dr.増井の めまい処方はどうする?

¥1,320 税込

※こちらはダウンロード商品です

dmdd.pdf

1.88MB

●執筆 増井伸高(札幌東徳洲会病院救急センター部長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:28頁、動画:10点 発行日:2021年10月13日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5082号の特集を再構成したものです ●内容紹介 「めまい診療の目標は診断であり処方ではない」「ストロングエビデンスのあるめまい処方がない」「処方すると診療した気分になりがち」〜処方にとらわれないDr.増井流のめまい診療の極意を非専門医向けにまとめました。 非専門医版めまい診断としては、「BPPV」「前庭神経炎」「中枢性めまい」が鑑別できれば十分!ということで、眼振を中心にそれぞれの診断ポイントを解説。そうは言っても必要な処方については、それぞれの薬剤の特徴を紹介。さらに、めまい診断が“できたとき”と“できないとき”にわけて、前庭神経炎や中枢性めまいのときの処方、入院時や帰宅時の処方について、作用機序とともに使い方を具体的に解説しています。 眼振や神経診察、画像診断など、より理解の深まる講演動画も10本収録しています。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/dmdd/dmdd_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/dmdd/ 【目次】 1.めまい処方、そもそも必要か 2.非専門医版めまい診断 3.めまいの処方薬 4.めまい診断ができたとき、何を処方するか? 5.めまい診断ができないときの処方は? 6.めまいは、診断7割、説明3割、処方は1割未満 --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。