急性腹膜炎の画像診断〜腹膜炎を感じ取る画像所見とは
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

急性腹膜炎の画像診断〜腹膜炎を感じ取る画像所見とは

¥1,100 税込

※こちらはダウンロード商品です

apid.pdf

15.8MB

●執筆 谷掛雅人(京都市立病院放射線診断科・IVR 科部長) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:15頁、図:11点 発行日:2021年9月15日 ※本商品は「週刊 日本医事新報」5077号の特集を再構成したものです ●内容紹介 ▷「急性腹症診療ガイドライン2015」によると、医療訴訟になった腹痛をきたしうる疾患の第1位が腹膜炎であると記載されています。 ▷腹膜は薄い構造で通常はCTでは認識しにくいものの、腹腔内の臓器、腹壁を覆う広範囲に存在します。いったん炎症を生じると、その変化を表した異常所見が様々な部位に認識できます。 ▷本コンテンツでは、急性腹膜炎のCT所見について、「腹膜の肥厚」「脂肪組織濃度の上昇」「小腸の変化」など、5つのポイントを中心に、豊富な画像をもとにして詳細に解説しています。 ▷腹膜炎は、まず「疑う」ことが重要。腹膜炎を“感じ取る”ためのエッセンスがここにあります! PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/apid/apid_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/apid/ 【目次】 Introduction はじめに─急性腹膜炎の画像所見 ポイント1:腹膜の肥厚 ポイント2:腹腔内脂肪組織濃度の上昇 ポイント3:造影CT動脈相における肝表面の異常濃染 ポイント4:小腸の変化 ポイント5:不自然な腹水 まとめ --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。