重症患者の早期離床・リハビリテーション
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

重症患者の早期離床・リハビリテーション

¥1,980 税込

※こちらはダウンロード商品です

ober.pdf

2.47MB

●執筆 鵜澤吉宏(亀田総合病院リハビリテーション科) --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のWebオリジナルコンテンツです。 商品一覧はこちら https://jmedj.net/ --------------------------------------- ●商品説明 判型:A4判 頁数:27頁、動画:6点 発行日:2021年5月28日 ●内容紹介 ICUでの治療を終えた重症患者が退院後にも機能障害が残存し、入院前の生活まで回復しないことがあります。そうしたリスクの低減策の1つが、早期離床・リハビリテーション。2018年度診療報酬改定で「早期離床・リハビリテーション加算」が新設されたことを契機に、実施する施設が増加中です。そこで本コンテンツでは、早期離床・リハビリテーションのスペシャリストである理学療法士の鵜澤吉宏氏が、安全に実施するためのノウハウを詳しく紹介します。開始の目安は? 筋力や関節可動域など身体評価の方法は? 起き上がり介助・立位練習・車椅子移乗・呼吸器回路の動かし方は?……実施にあたっての疑問に動画を用いて解説! 安全に早期離床・リハビリテーションを行うために必要な知識と技術が満載です。 PDF版の立ち読みはこちら https://www.jmedj.co.jp/files/premium_blog/ober/ober_sample.pdf HTML版の紹介ページはこちら https://www.jmedj.co.jp/premium/ober/ 【目次】 1.集中治療室入室患者への早期リハビリテーションの背景 2.早期離床・リハビリテーションの流れと実施方法 3.離床時の注意点・考慮点 4.早期離床・リハビリテーション時に注意すること 5.各職種の役割など 6.おわりに --------------------------------------- ■本コンテンツをご購入いただくと、①ダウンロードできるPDF版と②ブラウザで閲覧できるHTML版の両方が利用できます。 ■HTML版の利用に当たっては、初回のみ弊社サイトでのシリアルナンバー登録が必要となります。 ※シリアルナンバーの登録からHTML版利用までの流れは下記ページをご参照ください。 https://www.jmedj.co.jp/premium/DLM/DLMS/ ※シリアルナンバーは商品購入後、3営業日以内にご登録のメールアドレスへ配信されます(小社営業日:祝日・年末年始を除く月~金曜日)。