無刀流整形外科臨床医学セミナー参加申し込み(2019年6月23日開催)
5c875fad164eb16fd2e0fcb4

無刀流整形外科臨床医学セミナー参加申し込み(2019年6月23日開催)

  • 開催日

    2019/06/23

  • 開始時間

    10:00

¥20,000 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料が2%がかかります
無刀流整形外科臨床医学セミナー~腰部、骨盤帯の痛みに対して~ --------------------------------------- 本商品は日本医事新報社のセミナーにご参加いただくための電子チケットです。 セミナー受付時にチケットの画面をご提示ください。 ※チケットの表示はiPhone(iOS9.0以上、Safari、LINE内ブラウザ)、Android(4.4以上、Chrome、LINE内ブラウザ)のみで可能です。チケットの表示ができない方は購入時に配信されるメールをプリントアウトしてお持ちください。 --------------------------------------- 【開催場所】 日中友好会館 大ホール(http://www.jcfc.or.jp/shisetsu/hall) ※昼食付 【主催者挨拶】  無刀流整形外科は目新しい治療ではなく、むしろ運動器治療の原点です。できるだけ手術に頼らずに、保存的に治療することを目指しています。保存治療といっても身体機能そのものに介入する根治的療法もあれば、疼痛の伝達経路を一時的に遮断して悪循環を絶つ姑息的治療もあります。  今回はヒトの身体の大部分を占めるにもかかわらず、まだ未開の領域であるfasciaについて小林只先生が歴史からアップデイトなところまでを解説します。そして治療に関しては木村裕明先生が概要とコツを紹介します。 菊地臣一先生には無刀流整形外科の根幹をなす医療倫理や理念について、次世代の若者にエールを込めたメッセージを頂きます。  午後からは体幹と骨盤帯について、脊椎外科の立場から加藤欽志先生が腰椎へのアプローチを、吉田眞一先生が仙腸関節を中心とした臀部の痛みについて、仁賀定雄先生がgroin painの診断とアプローチについて解説します。畑中仁堂、梅村悟両先生は身体機能への介入法の具体例を示します。いすれも各分野を代表する講師で、診察や注射の実技を交えて熱のこもった講義を聞くことができるものと期待します。 主催:柏口新二(国立病院機構徳島病院整形外科) 【開催内容】 ※各演者の講演要旨等の詳細は、セミナーのご案内ページ https://www.jmedj.co.jp/book/mutou/ をご覧ください。 講演座長: 柏口新二先生(国立病院機構徳島病院整形外科) 小林只先生(弘前大学医学部附属病院 総合診療部 助教) 10:00~10:20 開会の挨拶 無刀流整形外科の目指すもの 演者:柏口新二先生(国立病院機構徳島病院整形外科) プログラム1 Fasciaについて([1] 整形外科基礎科学 1単位) 10:20~10:50:Fasciaに関する総論 演者:小林只先生(弘前大学医学部附属病院 総合診療部 助教) 10:50~11:20:ブロック・fasciaリリース注射治療の実際~エコーガイド下Fasciaハイドロリリースの臨床応用~ 演者:木村裕明先生(木村ペインクリニック 院長) プログラム2 若き医療従事者のために([14-4]専門医としての人間性並びに社会性向上に資する講習会 1単位) 11:30~12:30:若き医療従事者のために~次代を担う君達へ~ 演者:菊地臣一先生(福島県立医科大学 常任顧問) 昼食休憩(50分) プログラム3 評価・治療のアプローチ方法([11] 骨盤・股関節疾患 2単位) 13:20~14:10:評価・治療のアプローチ方法~腰痛~ 演者:加藤欽志先生(福島県立医科大学整形外科学講座 助教) 14:10~15:00:評価・治療のアプローチ方法~仙腸関節を中心とした殿部の痛み~ 吉田眞一先生(よしだ整形外科クリニック 院長) 15:00~15:50:評価・治療のアプローチ方法~Groin pain~ 仁賀定雄先生(JIN整形外科スポーツクリニック院長) 休憩(10分) プログラム4 身体機能への介入 16:00~17:00:身体機能への介入 演者:畑中仁堂先生(じんどう整骨院アスリート)、梅村悟先生(東京明日佳病院リハビリテーション科 理学療法士) プログラム5:総合討論 17:00~17:25 司会: 柏口新二先生(国立病院機構徳島病院整形外科) 小林只先生(弘前大学医学部附属病院 総合診療部 助教) 17:25~17:30:閉会の挨拶・情報提供 柏口新二先生(国立病院機構徳島病院整形外科)